未分類

ペットがいてもシロアリ駆除できる?安全なシロアリ駆除法を紹介

「シロアリ駆除はペットがいても安全?」

「ペットに影響を与えずにシロアリ駆除がしたい」

このような悩みをお持ちではありませんか?

現在、シロアリ駆除で使用される薬剤の多くは、安全性が高いものです。

そのため、ペットがいても大きな不安を抱えることなく、シロアリ駆除を行えるでしょう。

また、ベイト工法というほとんど薬剤を使用しない駆除法があります。

これを利用すれば、愛するペットに影響を与えずに、シロアリ駆除が行えるのです。

記事では、シロアリ駆除の安全性、薬剤の種類、ベイト工法のメリット、信頼できる業者の選び方などを解説します。

この記事を読めば、安心してシロアリ駆除に臨めるでしょう。

それではさっそく見ていきましょう!

シロアリを見かけたら、ペットのためにも早く駆除しよう

この記事を読んでいる方の多くは、シロアリを発見して、駆除しようかどうか悩んでいることでしょう。

結論から言うと、シロアリ駆除は早めに行うべきです。

シロアリを放っておくと、家の老朽化が進み、思わぬ大被害を受ける可能性があります。

例えば、シロアリ被害を受けていた住宅の9割が、阪神淡路大震災で倒壊したと判明しているのです。

日本に住む限り災害リスクは避けられないので、愛するペットの命を守るためにも、シロアリ駆除は必須。

また、犬や猫などを飼っている方に気を付けて頂きたいのですが、シロアリがペットを噛むことがあります。

幸いなことにシロアリには毒がありません。

そのため、噛まれたと言って命にかかわることはないでしょう。

しかし、シロアリに噛まれると強い痛みを感じます。

シロアリの噛む力は人間の10倍近いとも言われ、そのことは硬い木材をガシガシと噛む姿を見れば分かりますよね。

人間はもちろんですが、ペットがシロアリに触れないように配慮する必要があるのです。

特に、犬や猫などはシロアリの巣に手を突っ込む可能性があります。

巣の中には、何万匹というシロアリがいるため、多くのシロアリに噛まれる危険性があるのです。

最悪の場合は、アナフィラキシーショックを起こすこともあります。

万が一、シロアリに噛まれた場合は、すぐに流水で患部を流しましょう。

かいたりすると、患部に刺激を与えることになるので、症状が悪化する可能性があります。

シロアリを放置しておくと、ペットが傷つく恐れがあるため、できるだけ早く駆除しましょう。

現在のシロアリ駆除薬剤は安全性が高い!

皆さんが最も気になっているのが、シロアリ駆除剤は安全かどうか。

結論から言うと、現在使用されているシロアリ駆除剤は、ペットへの安全性も非常に高いです。

1990年代までは、強力な薬剤が使用されていたため、人間や動物に大きな影響を与えていました。

特に、有機リン系薬剤が人気を集めた時代は、シックハウス症候群の数が増加したのです。

この事実を受けて、2000年にはしろあり対策協会が有機リン系薬剤の自主規制を始め、2003年には法律で使用が禁止されました。

そして、現在では薬剤も発展し、人間と動物、そして環境に安全な薬剤ばかりになったのです。

そもそも、シックハウス症候群とは化学物質が空気を汚染することで、頭痛や吐き気などの症状を起こすこと。

以前は、薬剤が気体になってしまい、空気を汚染してしまっていたのです。

しかし、現在使用される薬剤は、ほぼ気体になりません。

そのため、シックハウス症候群を始めとする空気汚染による影響は、あまり受けないでしょう。

ただ、安全性こそ非常に高いですが、100%安全というわけでもありません。

薬剤には、シロアリを殺虫する能力があるほどの毒性があります。

注意を払うことで、ペットに影響を与えるリスクは限りなく0になりますが、それでも絶対安全とは言えないと理解しましょう。

安全な薬剤をみわける方法

シロアリ駆除に使われる薬剤は、法律で規制されていないとご存じでしたか?

厳密に言えば、薬剤に含まれる有効成分は規制されていますが、薬剤自体は規制されていないのです。

だから、薬剤を製造するメーカーと使用する人の判断に基づいて、販売や使用されるということ。

法律で規制されていなければ、なんだか不安になっちゃいますよね。

でも、安全性のあるシロアリ駆除薬剤を見つけることは簡単です。

その方法とは、薬剤のパッケージを見ること。

国土交通省管轄の下、組織された公益社団法人しろあり対策協会は、薬剤の認定を行っています。

薬剤認定の流れは以下の通り。

・企業がしろあり対策協会へ認定依頼
・協会が木材保存剤等審査事務局へ申請依頼
・木材保存剤等審査事務局が日本住宅木材技術センターへ審査依頼
・日本住宅木材技術センターで審査
・木材保存剤等審査事務局で審査結果を判断
・しろあり対策協会で審査結果を判断
・合格すれば無事に認定

審査はしろあり対策協会と木材保存剤等審査事務局で行われます。

この二重審査を通過できた薬剤だけ、認定されるというわけです。

認定された薬剤のパッケージには、しろあり対策協会のマークがついています。

認定されていない薬剤は危険というわけでもありませんが、協会によって認定された薬剤を使用するのが望ましいです。

シロアリ駆除薬剤の種類を徹底解説

シロアリ駆除薬剤と一口に言っても、種類は様々です。

哺乳類動物に害を与えないものがあれば、魚や昆虫には影響を与えるものもあります。

使用される主な薬剤を知ることで、あなたに合った駆除剤を選べるようになるのです。

ピレスロイド系

除虫菊から抽出したピレトリンを化学合成したものです。

家庭殺虫剤や蚊取り線香などにも使用されているんですよ。

そのため、人間や他の動物への安全性は非常に高いです。

また、効果に即効性があるのも特徴。

ただし、魚毒性が高いため、河川付近での使用には注意が必要です。

カーバメート系

効果が非常に高い薬剤です。

シロアリの神経伝達物質を退治するため、すぐにシロアリ駆除を行えます。

しかし、シックハウス症候群の恐れがあるため、ほとんど使用されることはありません。

人や動物に対する毒性も高いため、ペットがいる家庭では避けた方がいいでしょう。

ネオニコチノイド系

最も人気のある薬剤がネオニコチノイド系です。

シロアリに高い効果があり、人畜や魚類に対する毒性が極めて低い安全性の高い薬剤。

哺乳類には安全性が高いですが、昆虫類には高い毒性を持ちます。

ミツバチの大量死と関係性があると考えられていますが、シロアリ薬剤の場合は、適切に使用する限りミツバチに大きな影響を与えるリスクは低いです。

フェニルピラゾール系

少ない薬剤量で、高い殺虫効果を発揮します。

緩やかに作用するため、巣にいるシロアリ駆除にも効果的です。

しかし、人畜や魚類に対する毒性が非常に高いため、細心の注意を払って使用する必要があります。

現在は、毒性の高さを補うために、マイクロカプセル化したものも使用されています。

フェニルピロール系

シロアリに呼吸障害を起こす殺虫効果の高い薬剤です。

緩やかに作用するため、他のシロアリにも伝搬していきます。

フェニルピロール系もまた、人畜や魚類に対する毒性が極めて高いです。

そのため、使用に際しては十分に気を付けてください。

ペットを飼っている家庭での使用は避けた方がいいかもしれません。

ホウ素系

目薬やコンタクトの保存液に使用されているホウ酸。

腎臓を持たないシロアリにホウ酸を与えると、餓死するのです。

ホウ酸は哺乳類動物には安全で、毒性は食塩と同程度とされています。

雨風にさらされない限り、効果は持続するので、欧米ではシロアリ駆除はホウ酸で行うのが一般的です。

ペットがいてもシロアリ駆除できる2つの理由

シロアリ駆除の安全性を述べてきましたが、まだ不安の方もいるはずです。

そこでここからは、ペットがいても安全にシロアリ駆除できる2つの理由を解説します。

不安は徹底的に取り除いて、安心して工事に臨みましょう。

1.安全性の高い豊富な薬剤

前の項で紹介したように、シロアリ駆除の薬剤は豊富で、どれも安全性は高いものばかり。

薬剤の中には、哺乳類動物に対する毒性が高いものもあれば、魚類への毒性が高いものもありましたね。

薬剤の数は豊富なので、業者と打ち合わせをして、ペットに合った薬剤を選ぶようにしましょう。

もともと安全性が高い薬剤ですが、適切なものを選ぶことで、さらに安全性は高まりますよ。

2.基本的な作業場は床下だから、誤飲の心配なし

シロアリ駆除は、床下で行われる場合がほとんどです。

浴室や玄関などで行われることもありますが、その際は床に小さな穴をあけて、薬剤を注入するのみ。

普段の生活スペースで、シロアリ駆除が行われることは、ほぼありません。

薬剤が床上まで飛び散る工事は施行されなければ、ペットが誤って薬剤を舐める心配もないでしょう。

魚類や昆虫類を飼っている方には、業者が養生シートをかけてくれるはずです。

ペットの安全性が心配な方はベイト工法がおすすめ

シロアリ駆除におけるペットへの影響が心配な方に、おすすめしたい施行法が1つあります。

それが、薬剤をほとんど使用しないベイト工法です。

ベイト工法とは、シロアリのエサの中に薬物を混ぜ込んだものを、地中に埋める駆除方法。

使用する薬剤は緩やかに作用するため、シロアリに薬剤入りのエサを運ばせ、コロニー全滅を狙います。

ベイト工法は、使用薬剤量が極めて少ない上に、建物外に薬剤を埋めるため安全性は極めて高いです。

さらに、薬剤入りのエサは専用ケースに入れて、地中に埋められるので、万が一ペットが掘り起こしても誤飲する可能性は低いでしょう。

薬剤特有の臭いがなければ、住宅を傷つける心配もありません。

ペットがいる方はもちろん、妊婦や乳幼児がいる方におすすめの駆除方法です。

デメリットとしては、費用が高いこと、即効性がないことが挙げられます。

ベイト工法で使用する薬剤は、シロアリの脱皮を阻害するもので、駆除終了までに約1~2か月はかかります。

また、定期的な点検や大きな時間がかかるため、一般的な駆除法よりも費用は高め。

ただし、浅草寺やホワイトハウスなどでのシロアリ駆除法に採用されているだけあり、安全性と効果は絶大です。

愛するペットのためにも、ベイト工法を検討してみるといいかもしれません。

シロアリ駆除前に知っておきたいペットのためにできること

大切なペットのために、あなたができることは4つあります。

4つのポイントを心がけるだけで、安全にシロアリ駆除ができるでしょう。

ぜひ実践してください。

1.まずは工事法と薬剤について業者と相談する

最も重要なのが、シロアリ業者と話し合って、工事法と使用する薬剤を決めることです。

ベイト工法がおすすめですが、場合によっては薬剤をまくことが勧められるかもしれません。

例えば、敷地の幅が狭かったり、全面がタイルもしくはコンクリートだったりする場合は、ベイト工法が行えない可能性が高いです。

また、相場よりも高くなるため、もしかしたら費用が原因でベイト工法ができないかもしれません。

そのような時は、薬剤をまく駆除方法になるので、薬剤選びを慎重に行う必要があります。

相手も専門業者なので、ペットに配慮した薬剤を選んでくれるはずです。

打ち合わせの段階で、しっかりとペットに合った工事法や薬剤を選ぶことが、何よりも重要となります。

2.工事場所から離れた位置にペットを隔離させる

基本的に床上で工事を行わないため、ペットはどこにいても大丈夫です。

しかし、可能な限り駆除場所から離れた場所にペットを置いてあげてください。

例えば、駆除中はペットを2階に隔離させておくと良いですね。

また人間とは異なり、動物は嗅覚が優れるため、わずかな臭いでも不快に感じるかもしれません。

だからこそ、工事場所から離れた部屋に待機させてあげることが大切なのです。

3.施工中は気を付けて

シロアリ駆除中には、ペットから目を離さないようにしましょう。

床下駆除なら、点検口をシートなどで覆うので、ペットが入ることはないでしょう。

しかし、万が一のことはあります。

あなたと業者の目を盗んで、犬や猫は床下の中に侵入してしまうかもしれません。

別の部屋に隔離したら、出られないようにしましょう。

施工中だけは、ペットをケージに入れておくのもいいですね。

4.シロアリ駆除後は、しっかり換気する

シロアリ駆除が終了したら、しっかりと換気をしましょう。

気化することは少ないとはいえ、微量ながらも薬剤の成分が空気中に浮遊します。

人間には大丈夫な量でも、身体の小さな動物では影響を受けるかもしれません。

また、換気をすることで、わずかな薬剤の臭いもなくなります。

駆除後は15~30分の十分な換気を行い、2~3日間は意識的に換気をしてください。

業者選びのカギは見積もり比較にあり!

最後に、ペットがいる方こそ知っておきたい、業者選びの重要なポイントを紹介します。

信頼できるシロアリ駆除業者に出会えれば、問題なく安全にシロアリ駆除ができます。

そのため、業者選びこそ慎重に行う必要があるのです。

数あるシロアリ駆除業者の中から、優良業者を見つけ出す方法は、複数業者の見積もり比較です。

見積もりを得ることで初めて、各業者を公平に比較できます。

また、無料見積もりをしてもらう前は、業者にペットがいることを伝えてください。

すると、各業者はペットに配慮した工法や薬剤を提案してくれるはずです。

各業者と話し合いをしていたら、大きな時間がかかるため、無料見積もりの段階で工法と薬剤を提案してもらいましょう。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます!

現在は安全性の高い薬剤を使用しているため、ペットがいる方でも安心してシロアリ駆除を行って頂けます。

特に、ベイト工法は少量の薬剤で確実にシロアリ駆除をできるので、ペットがいる家庭にはおすすめです。

シロアリは放っておけないので、まずは業者探しを行いましょう。

いくつかの業者に目星をつけたら、無料の見積もり比較を行ってください。

愛するペットに安全な方法で、シロアリ駆除ができることを願っています。